手

遺品整理で大切なこと

お通夜や葬式を終えると、残された遺族はさまざまな手続きをします。また、残された遺品の整理もしなければなりません。遺品の中には税金を納めなければならないものもあります。その場合10ヶ月以内に手続きをおこなわなければならないので注意が必要です。
遺品の中で貴金属や骨董品など価値があるものに関しては、1度どのくらいの価値があるのか知るために査定を依頼すると良いでしょう。相続を分けるときにどのくらいの価値があるか分かっていたほうが、スムーズに進めることができます。また、写真やビデオなど思い出のあるものは残しておきましょう。衣類など日用品は思いきって廃棄するべきです。
ただ、本人の思い入れのあるもの、形見となるものはとっておくと良いでしょう。釣りやサーフィン、スキーやスノボーなど趣味の道具で使わないものはいつまでとっておいても仕方ないので廃棄しましょう。まだ使える、もったいないものは残しておくべきです。
テレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど家電は適切な方法で引き取ってもらいましょう。このとき重要なのが、信用できる行政や優良な会社に依頼することです。少しでもあやしい、おかしいと感じたところは避けましょう。

what's new

list

SITE MAP